外壁塗装

外壁塗装は春が人気!その理由と工事で気を付けたいポイントを解説

外壁塗装は春が塗装に適していて人気があり、業者も繁忙期と言われています。

春に外壁塗装をするメリットとデメリットと、春に行う為に必要な準備で気を付けたいポイントをこの記事ではご紹介していきたいと思います。

この記事でわかること
・外壁塗装は春が人気の理由とメリット
・春に外壁塗装をする上で気をつけること、デメリット
・春に外壁塗装をする為に必要なこと

外壁塗装は春が人気の理由とメリット

春先の3月から梅雨入り前6月前半あたりまでは、外壁塗装工事件数が最も多い時期のひとつです。

この時期の外壁塗装がなぜ人気なのかを解説していきます。

塗装の条件に合っていて工事が進みやすい

3月〜5月にかけては、気候が安定していることが人気の理由のひとつです。

外壁塗装は、塗料の乾燥が円滑に進むかということが非常に大切なリフォームです。

特に、気温が5℃以下であったり湿度が85%以上の条件になってしまうと、塗装環境として適さないとされていますので、春はこうした気候になりにくいのが特徴です。

こうした気候面からも、業者から見ても作業のやりやすい時期なのです。

春雨前線の通過時の一時を除けば、雨が少ないのも塗装のしやすさに影響していきます。

こういった気候的な問題から塗装に適していますので、工事日数が短く、また予定通り進みやすいといった点が春に外壁塗装を行うメリットで、人気の理由になっています。

日常生活への影響が少ない

工事日数が短い、または予定取り工事が進みやすいというのは、日常生活に於いても重要です。

外壁塗装の工事中は、家を足場で囲い、飛散防止ネットで外周を囲いますので、家の中は暗くなってしまいます。

昼間でも照明をつけなければ暗くて生活できません。

また、塗装中は塗料の臭いもあって窓を開けたり換気ができません。

エアコンも塗料の付着を避ける為に養生されてしまい使えない場合があります。

春は窓を閉めっぱなしにしていても過ごしやすく、生活に大きな支障が出にくいので、在宅されている時間が長いとこの時期に工事を選びたい人はどうしても増えてしまいます。

外壁塗装を春に行う時に気を付けるポイントとデメリット

塗装の作業面や過ごしやすさから春が外壁塗装に人気ではありますが、気を付けたいポイントやデメリットも存在しますので、その部分を解説してきます。

春雨前線の影響で長引く可能性がある

春であっても雨が降ることはありますので、天候不良による工事スケジュールの遅延が発生することがあります。

特に、春雨前線が通過しているタイミングに当たってしまうと、雨が降り続けた場合、最悪1週間程度の遅れが生じてしまうこともあるかもしれません。

天候に関しては誰の責任でもありませんが、早く終わらせたくてせっかく春の季節を選んでも長引いてしまうことがあることも考慮しておかなければなりません。

希望の業者が抑えられない可能性がある

春先から梅雨前までは業者が繁忙期になります。

その為、技術力があったり人気の業者は手が空いていない可能性があります。

春は業者もかき入れ時ですので、価格もやや強気の設定になることもあります。

春に工事をすることにこだわるあまりに、妥協した業者で高額な契約をしないような注意が必要です。

業者からの営業に気を付ける

春になると、業者も集客に力を入れますので、ポストに広告が入っていたり、飛び込みの営業が訪問してきたり、電話営業を受けることもあるかもしれません。

業者としても売れる季節であることを承知してますので、少し強めの営業をしてくる可能性もありますし、過剰な受注で契約後の対応が雑になってしまうケースも考えられます。

特に訪問営業や電話営業によるトラブルは後を立たずに増加しており、消費者が外壁塗装に関する知識が乏しいことをいいことに、相場よりも高額な契約をしたり、手抜き工事をする例が報告されています。

参考:独立行政法人国民生活センター「販売商法によるリフォーム工事・点検詳報」

訪問営業などで「早く塗装しないと危険」などと言われて外壁塗装のことが気になるようでしたら、すぐに契約をしないで業者選びや塗装時期などをゆっくり見極めてから行うようにしてください。

すでに年数が経過して今の状態になっている訳ですので、数ヶ月そのままにしたところで大して差が出ることはありません。

「今だけ大気値引きできます」というような誘い文句に釣られず、そういう業者には一度帰ってもらってご自身で調べ直すようにしましょう。

外壁塗装は、定価はありませんが一定の相場はありますので、極端な値引きはほぼ不可能です。

大きな値引きができるということは、そもそもの値段を高めに設定されていることがほとんどです。

業者が営業に来るということは、外壁塗装をすべきタイミングであるとは思いますが、その業者の言っていることが正しいとは限りません。

高額なリフォームですので慎重に進めるようにご検討ください。

外壁塗装を春に行うにはどうしたらいい?

これらを踏まえて、春に外壁塗装をしたいと考える場合、どうしたら良いのかを解説していきます。

何度もお伝えしている通り、春は業者の繁忙期ですので、人気のある業者は予約でいっぱいになっていることが多いです。

大きな価格差がないのであれば、高額なリフォームですので技術力のある業者にお願いしたいと思うはずです。

その為に大切なことは、事前準備です。

春になってから調べ出したり、業者に問い合わせても中々思うようには進めることができません。

なので、冬に間から下調べをして、業者へコンタクトを取っておくことで、自分の思い通りの予定を組むことができるようになります。

3月、4月の工事が希望でしたら、年明けには業者へ相談することをオススメします。

外壁塗装は、同じような作業に見えて業者によって出来栄えに大きな差が出ますので、業者選びが最も重要になります。

業者の選び方については、下記の記事で詳しく解説してますのでご参考いただければと思います。

まとめ:外壁塗装を人気の春に行うには

この記事では、春に外壁塗装を行うメリット、デメリットといった部分を主に解説してきました。

春は、気候が安定していることもあって、業者側からしても作業がしやすく、日数も短く予定通り終わらせられる可能性が高い季節になります。

依頼する側も、窓が開けられなかったり、エアコンが使えなくても生活に支障が出にくい為、特に在宅している時間の長い方にとっては依頼をしやすいので、春に外壁塗装をするのはベストシーズンの一つと言えます。

春は業者も予約を多く受注していることが多く、直前では思うような日程で予約を取れないことが多いです。

春に外壁塗装をしたいと考えるのであれば、冬場から下調べをし、業者にコンタクトを取っておくことが希望通りの工事をする為に大切になります。

最後に、外壁塗装の業者探しをする場合、少なくとも3社程度から見積りを取得して比較検討することをオススメします。

理由は、数社から話を聞かないと、ご自身の家にかかる費用の相場感、必要な工事の内容が見えてこないからです。

数社話を聞くと、似たような内容ながら業者ごとに特徴が出てきます。

営業マンの対応などを見ながら、良い業者探しをすることに時間を割くことが外壁塗装を成功させる最もな近道になります。

3社も業者を探すのが難しい場合は、一括見積りサイトを活用すると無料でご自宅周辺の塗装業者を紹介してもらうことができます。

当サイトでは、ユーザー目線で考えた時に「プロヌリ」を推奨しています。

プロヌリのメリットは、

 ・完全無料で3社程度紹介して見積りを依頼できる

 ・業者との日程調整、お断りなど面倒なことを代行してもらえる

 ・登録業者は事前に面談して、一定基準をクリアしている優良な業者のみ

逆にデメリットは、

 ・登録業者を厳選している為、地域によっては紹介してくれる業者が少ない場合がある

 (この場合は、ほかの見積りサイトを使えば良いだけです。)

必ず契約をする必要はありませんので、まずは問い合わせだけしてみても良いかと思います。

プロヌリについて詳しくは下記の記事で解説しています。

以上、最後まで閲覧いただきありがとうございました。

この記事が、あなたのお家の外壁塗装をするお役に立てたら幸いです。

-外壁塗装